2005年02月08日

■洗顔方法

洗顔で大切なのは、きちんと汚れが落とせて、
お肌に必要な潤いがある程度残るということです。
気をつけて、またきちんとした洗顔を心がけてみてはいかがですか?

手が汚れていると泡立ちにくいので、
石鹸などで手を清潔にし、顔をぬるま湯で湿らせておきます。

洗顔に使うお湯は人肌くらいがいいです(32度前後)
熱すぎてもいけませんし、冷たすぎても落ちにくくなります。
そして、すすぎはしっかりおこなってください。

空気と水分を含ませると、上手に泡立ちます。
手のひらにくぼみを作り、しっかりと泡立ててください。

キメ細かい泡がピンポン玉2個分くらいになるまで、
泡立ててください。

顔のすみずみまで泡で包むように洗います。(Tゾーン、小鼻は丁寧に、唇も忘れずに)また、ゴシゴシするのではなく、
桃を触るように軽くこするような感じで泡を転がします。
親指以外の4本指でやわらかくというのがコツです。
また、小鼻などは中指の先を使って、くるくる回すようにしていくとよく落とせます。

間違っていたという方! 
今日から洗顔法を見直してみましょう!!!

知恵袋.com より抜粋
posted by SEI at 22:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■cosme trivia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

■コスメの歴史

●コスメの歴史

コスメの歴史は古く
旧石器時代までさかのぼるります。
そのころのメイクは、現代のように
美やお肌の健康のために
行われていたものではないようです。

はじめは古代信仰に基づき
ただ肌に着色を施していました。
その後、農耕や牧畜などが普及したことで
お肌の健康を維持するスキンケア的なコスメ
美に焦点を合わせたメイクアップ的なコスメへと
発達していきました。
posted by SEI at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ■cosme trivia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。